転職のきっかけ

大学に勤めてから働き始めた場所は給料は安いですが、先輩たちも優しく可愛がってくださったのでとくにこれといった不満はありませんでした。ただ、何年か働きお金をためたら違う仕事につく予定であるということは先輩たちには話してありました。
ただ、異動で来た先輩とはどうしても馬が合いませんでした。その先輩は自分の意見は曲げない、ひとの意見は聞くけど受け入れない、自分の中でまとまった考えで物事を進行しようとする(その考えをこちらに下ろしてくれない)、自分のやり方に会わないと叱責してくる(ただしやり方の説明はなし、やり方もその時々によって変わる)という、なんとも大変な方でした。ただ、私に対してだけそのような状況だったというわけではなく他のかたとも同じような状況だったようなので上司に相談したり、愚痴を言い合ったりというのはきちんとしていましたので、そこまでストレスを感じたりはしていませんでした。ですが、上司のかたが先輩と色々とお話をしてくださっても状況は改善をされなかったことは本当に残念でした。その先輩が次年度も残って仕事を続けるという話を聞き、自分自身そろそろ転職を考えていた時期でしたので、転職をしました。本当によい人に恵まれた職場でしたので、正直その先輩の事は脳内で消去したい思い出です。

ホーム RSS購読 サイトマップ